elastic

Miscellaneous notes -Theme- <Engineering,Whisky,Learning>

卒検解説<会計編>

卒検解説<会計編その①>

 

 

 

 

 

 

 

 

1, 28年度第一回(11カリ)

 

 

 第二回はこちら

enkdsn.hatenablog.com

 第三回はこちら

 

enkdsn.hatenablog.com

 

注意!

  1. 問題が多いため、解説はかなり手短です。ご容赦ください。
  2. 会計は専門外です。自分の勉強用に書いているようなものなのであしからず。
  3. 他年度分は随時製作中です。完成次第リンクを追加します。

問11:繰延資産についての問題 (正解⑤)

10億かけて開業したいけど、初年度だけ財務上の見かけが悪くなってしまう。こうなってしまうと、投資家の目線も株価も心配。。といったときに使えるのが「繰延資産」という項目(という認識なんですけど実際どうなんでしょうか)。以下の5項目が該当。

  • 株式交付費
  • 社債発行費等
  • 創立費
  • 開業費
  • 開発費
  •  この通り、スタートダッシュまたは加速を手助けする項目だけである。選択肢のうち前半4つはすべて繰延資産に該当するため、答えは⑤

    問12:資産についての問題 (正解③)

     借入金は「借金いくら返すの」という話であり、払うべき債務であるから「負債」。よって答えは③。

    問13:簿記上の取引についての問題 (正解③)

     問題文のままだが、簿記は「取引」を記録するためのものである。したがって、取引に該当しない③が答え

    問14:払出単価の決定方法についての問題 (正解④)

    方法は4つ

    1. 個別法
    2. 先入先出法
    3. 平均原価法
    4. 売価還元法

    この内「商品仕入れ時に支払い単価を個別に把握し、商品払い出しの都度に一個ずつの支払い単価を確認する」のはどう考えても個別法であるので答えは④。問題に「個別」と書いてあるのに間違える人はいるのだろうか。。。とりあえず、後入先出法が2010年に採用NGになったことが問題に出されることがありそうのでそこは注意

    問15:有価証券の評価方法 (正解③)

    評価方法は3グループに分けられる。

    1. 第1グループ:売買目的
    2. 第2グループ:満期保有の債権、子会社・関連会社の株式、時価把握困難のもの
    3. 第3グループ:上記以外で時価把握可能なもの

    第1グループは、余ったお金を運用しているから本業にはあまり関係ない。したがって、いつでも売ってしまって構わないから時価で評価する。第2グループは、「子会社の株をいつでも売っていい」などと狂ったことはできないので、時価という要素があまり意味を持たない。したがって、取得原価で評価する。第3グループは、時価把握可能なものを振り分けているのだから、時価として考えて構わないだろう(あまりよろしくはないけど)。問題では、「取得原価」と「償却原価」で別れているが、(イ)は債権なので「償却」を充てる。したがって答えは③

    問16:試算表についての問題 (正解④)

    試算表は転記の手続きが正確に行われたことを確かめるために、元帳のすべての勘定の金額を集めて、間違いがないか検証するものである。最終行にある借方と貸方の合計金額が違っていれば、転記をミスっているし、合計金額が等しければ転記はちゃんと出来ている。ただし見つけられるのは「計算上の間違い」であるため、②は試算表では見抜けない(反対に転記しても合計金額は変わらない)。答えは④

    問17:払出単価の決定方法についての問題 (正解③)

    なぜ問14と離して出題したのだろう、、平均と言っているから②か③に絞られるところまではいいのでそこから先の話。総平均法は、1ヶ月または1年度中の棚卸資産の取得原価の合計額をベースに考える。対して移動平均法は、棚卸資産を受け入れる都度、今ある在庫と合わせてベースを考える。前者が一夜漬け派、後者がコツコツ派。よって答えは③

    問18:会社法の連結情報についての問題 (正解③)

    連結情報については、金商法の枠と会社法の枠が存在する。金商法は投資者を守るのが趣旨であるから、その分情報量が多い。金商法の枠にのみ入るのが、①連結包括利益計算書と②連結キャッシュフロー計算書である。よって答えは③

    問19:企業会計原則の一般原則についての問題 (正解②)

    いつもハブられている重要性の原則が可哀想な問題。一般原則は7つ

    1. 真実性の原則
    2. 正規の簿記の原則
    3. 資本と利益の区別の原則
    4. 明瞭性の原則
    5. 継続性の原則
    6. 保守主義の原則
    7. 単一性の原則

    重要性の原則がなぜ一般原則の外にあるのか、その正確な事情はわからないが、「一般原則の7つは厳格なルールであるのに対し、重要性の原則は『実務上めんどいやつは簡単なのでいいよ』というゆるいルール」だからとかそんな感じなんじゃないだろうか。。。

    問20:流動負債の計算問題 (正解④)

    流動負債は大きな枠組として3つあり、その中に項目がいくつか入ってくる。

    1. 営業上の債務
      1. 買掛金
      2. 支払手形
      3. 電子記録債務
      4. 前受金
    2. 営業債務以外
      1. 短期借入金
      2. 未払金
      3. 未払費用
      4. 前受収益
      5. 預り金
    3. 短期の負債性引当金
      1. 賞与引当金
      2. 修繕引当金
      3. 製品保証引当金、工事保証引当金

    問題文のうち該当するのは、短期借入金、賞与引当金、買掛金、支払い手形なので、すべてを足して240。したがって答えは④。

     

     

     

     

     

     第二回はこちら

    enkdsn.hatenablog.com

     

     

     

     第二回はこちら

    enkdsn.hatenablog.com

     第三回はこちら

     

    enkdsn.hatenablog.com